カテゴリー :ヴァンガード)かげろうデッキ 黒猫のひたい

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Twitterでつぶやく】

|FC2 Blog Ranking | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴァンガード)5弾 コンロー4投かげろうデッキレシピその2 "かげふみ"


【グレード0】 20 枚
4 x BT01/016 《 リザードソルジャー コンロー 【 ファースト 】
4 x BT02/064 《 ガトリングクロー・ドラゴン 【 引 】
1 x BT01/051 《 ドラゴンダンサー モニカ 【 引 】
1 x BT04/071 《 レッドジェム・カーバンクル 【 引 】
3 x BT03/070 《 ブルーレイ・ドラコキッド 【 ☆ 】
3 x BT01/024 《 槍の化身 ター 【 ☆ 】
4 x BT01/053 《 ドラゴンモンク ゲンジョウ 【 治 】

【グレード1】 12 枚
2 x TD02/009 《 希望の火 エルモ
3 x BT01/015 《 ワイバーンガード バリィ
3 x BT01/049 《 ドラゴンモンク ゴジョー
4 x BT01/048 《 鎧の化身 バー

【グレード2】 11 枚
4 x BT01/022 《 ドラゴンナイト ネハーレン
3 x EB01/034 《 臥竜 ストライケン
4 x PR/0016 《 ドラゴンアーマード・ナイト

【グレード3】 7 枚
4 x BT05/005 《 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
3 x BT01/004 《 ドラゴニック・オーバーロード




【グレード0】

☆6
引6
治4

☆8
引4
治4

ヒール4枚は固定枠ですが、6:6:4または8:4:4の2種類を変えながら遊んでいます。
前者は安定するイメージ後者は爆発力があるイメージです。
どちらもメリットデメリットあるので遊んでみて好きな方を使いましょう。


そしてコンローは4枚
手札にあっても、支援してても強いです。


【グレード1】

相手のヴァンガードが13000になった場合それを5000上回る18000のラインを作るため、バーは4枚は確定です。
グレード1が他にあるならバーにライドはしたくないです。

次に入れるのは、ライドを少しでも安定させるためのゴジョーです。


完全ガードのバリィは3枚にしました。
コンローもあってまもりは硬いのと、コンローの効果でサーチ出来るので3枚あれば十分だと思います。
もしかしたら2枚でもいいのかもしれません。


エルモは相手のクランによってVの後ろに置くかRの後ろに置くか見極めましょう。
相手が11000のクランならVの後ろ13000ならRの後ろです。


【グレード2】

ライドするのであれば、ネハーレンに優先してライドするのが一番無難です。

あまり動きとしては強くないのでストライケンにはライドしたくはありません。

リアガードで運用する分にはどのカードも安定して自分のターンも相手のターンも10000で有り続けてくれるので、安定します。

適宜アーマードナイトのカウンターブラストは使用して行きたいです。



【グレード3】

再ライドして13000になることは基本的には行いません。
引いたほうにライドすればそれで十分です。

どちらも引いている場合は手札次第ですが、ジ・エンドにライドしましょう。

かってに相手がヒットした時の効果を警戒してくれればラッキーです。

オーバーロードのカウンターブラストも最後の締めの場面で要求値を1段階あげられるので使って行きましょう。







デッキ名は、発案者の名前からとってつけてます。
彼はメカトレーナーで同じような動きをしていました。
それはそれでまた強いのです。

スポンサーサイト

【Twitterでつぶやく】

|FC2 Blog Ranking | ヴァンガード)かげろうデッキ | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴァンガード)5弾 コンロー4投かげろうデッキレシピ


【グレード0】 20 枚
4 x BT01/016 《 リザードソルジャー コンロー 【 ファースト 】
2 x BT02/064 《 ガトリングクロー・ドラゴン 【 引 】
2 x BT01/051 《 ドラゴンダンサー モニカ 【 引 】
2 x BT04/071 《 レッドジェム・カーバンクル 【 引 】
3 x BT03/070 《 ブルーレイ・ドラコキッド 【 ☆ 】
3 x BT01/024 《 槍の化身 ター 【 ☆ 】
4 x BT01/053 《 ドラゴンモンク ゲンジョウ 【 治 】

【グレード1】 13 枚
2 x TD02/009 《 希望の火 エルモ
3 x BT01/015 《 ワイバーンガード バリィ
4 x BT01/049 《 ドラゴンモンク ゴジョー
4 x BT01/048 《 鎧の化身 バー

【グレード2】 10 枚
4 x BT01/022 《 ドラゴンナイト ネハーレン
2 x EB01/034 《 臥竜 ストライケン
2 x BT05/037 《 バーニングホーン・ドラゴン
2 x PR/0016 《 ドラゴンアーマード・ナイト

【グレード3】 7 枚
4 x BT05/005 《 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
3 x BT01/004 《 ドラゴニック・オーバーロード



原案はスパイクブラザーズが大好きな仕事の同僚から。

そちらはメカトレーナーが4枚搭載されていました。

メカトレーナーでできるならコンローでもできるだろうということで、コンローで組んでみました。


これがなかなか使いやすくて、手札のシールド値が足りない時は、コンローでコンローを呼ぶことで補給が出来ます。

また後にブースト要員を引いた時には、コンローでコンローを呼んで、そのブースト要員を展開することで、5000シールド分得をしています。


コンローが手札に帰ってくる、という点が非常に大切で、例えば別のクランだと「グレード1+1」または「1+0」のラインは死にラインであるのに対して、そのラインを無視して相手が殴るようであれば次にグレード2以上のカードを引いた時に、コンローでコンローを呼び、グレード1を下げて、グレード2を展開することで圧殺せずに、展開することができます。

アタックしてくるのであればそれはそれでまぁ問題はないでしょう。



【Twitterでつぶやく】

|FC2 Blog Ranking | ヴァンガード)かげろうデッキ | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴァンガード)5弾 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンドデッキレシピ その2


【グレード0】 17 枚
1 x BT01/016 《 リザードソルジャー コンロー 【 ファースト 】
2 x BT02/064 《 ガトリングクロー・ドラゴン 【 引 】
1 x BT01/051 《 ドラゴンダンサー モニカ 【 引 】
1 x BT04/071 《 レッドジェム・カーバンクル 【 引 】
1 x BT03/070 《 ブルーレイ・ドラコキッド 【 ☆ 】
1 x BT01/024 《 槍の化身 ター 【 ☆ 】
4 x BT01/053 《 ドラゴンモンク ゲンジョウ 【 治 】
4 x BT04/072 《 フレイムシード・サラマンダー 【 醒 】
1 x BT01/052 《 リザードソルジャー ガンルー 【 醒 】
1 x BT02/063 《 リザードランナー ナフド 【 醒 】

【グレード1】 15 枚
3 x BT04/007 《 ヒートネイル・サラマンダー
4 x BT01/015 《 ワイバーンガード バリィ
4 x BT01/049 《 ドラゴンモンク ゴジョー
4 x BT01/048 《 鎧の化身 バー

【グレード2】 11 枚
4 x BT01/022 《 ドラゴンナイト ネハーレン
2 x EB01/034 《 臥竜 ストライケン
3 x TD02/005 《 バーサーク・ドラゴン
2 x BT05/037 《 バーニングホーン・ドラゴン

【グレード3】 7 枚
4 x BT05/005 《 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
3 x BT01/004 《 ドラゴニック・オーバーロード




すこしだけ改良したバージョンです。

グレード0
ドロー4枚ヒール4枚スタンド6枚クリティカル2枚に変更しました。

クリティカルは0まいだと4点の時にノータイムでノーガードされるのを防ぐため、0枚構築はありえないと思っています。

フレイムシード・サラマンダーを投入したのは、同じかげろう同士の対戦だと、コンローを退却させることができること、5弾のマジェスティデッキの要であるういんがるぶれいぶを退却させられることから採用しました。

トリガーをバラけさせているのは対戦相手から見てどのトリガーがどういった配分で投入されているかわかりにくくするためです。


グレード1
パワーのラインが11000はふつうで、最大で13000まで到達することを考えると8000のバーは4枚確定。
デッキの安定性の関係上ゴジョーも4枚確定。
ヒットさせられるときの効果が増えている以上完全ガードのバリィも4枚入るでしょう。

最後に投入したのは、ヒートネイル・サラマンダーです。
キンナラと違いカウンターブラストを使用せずに効果を使えるため非常に優秀です。
8000ブーストを退却させるのが主な仕事です。



グレード2

なるべく高パワーであることを重視してドラゴンナイト ネハーレン4枚とリアガードにいればネハーレンである臥竜 ストライケンを投入。

カウンターブラストはコンローで1枚バーサーク・ドラゴンで2枚ジエンドで2枚を使いたいので1枚ひければよいバーサーク・ドラゴンは3枚に。

攻撃力が高いバーニングホーン・ドラゴンを2枚採用しました。


グレード3

13000になることは目指さないので
4:3の配分です。



【Twitterでつぶやく】

|FC2 Blog Ranking | ヴァンガード)かげろうデッキ | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴァンガード)5弾 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンドデッキレシピ


【グレード0】 17 枚
1 x BT01/016 《 リザードソルジャー コンロー 【 ファースト 】
2 x BT02/064 《 ガトリングクロー・ドラゴン 【 引 】
2 x BT01/051 《 ドラゴンダンサー モニカ 【 引 】
2 x BT04/071 《 レッドジェム・カーバンクル 【 引 】
3 x BT03/070 《 ブルーレイ・ドラコキッド 【 ☆ 】
3 x BT01/024 《 槍の化身 ター 【 ☆ 】
4 x BT01/053 《 ドラゴンモンク ゲンジョウ 【 治 】

【グレード1】 13 枚
1 x TD02/009 《 希望の火 エルモ
4 x BT01/015 《 ワイバーンガード バリィ
4 x BT01/049 《 ドラゴンモンク ゴジョー
4 x BT02/032 《 魔竜導師 キンナラ

【グレード2】 12 枚
4 x BT01/022 《 ドラゴンナイト ネハーレン
4 x EB01/012 《 ベリコウスティドラゴン
4 x TD02/005 《 バーサーク・ドラゴン

【グレード3】 8 枚
4 x BT05/005 《 ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
4 x BT01/004 《 ドラゴニック・オーバーロード





パワーラインは基本的に11000を目指せば良いでしょう。無理に13000になる必要はありません。

11000を並べたらあとはかげろうの得意分野である除去を繰り返しましょう。

徐々にあいては戦線を維持することが難しくなるはずです。

【Twitterでつぶやく】

|FC2 Blog Ranking | ヴァンガード)かげろうデッキ | 00:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。