ヴァンガード第2弾「竜魂乱舞」ケロケロエース情報考察 黒猫のひたい

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Twitterでつぶやく】

|FC2 Blog Ranking | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴァンガード第2弾「竜魂乱舞」ケロケロエース情報考察

■インターセプトで1万ガードになるカード類

真理の騎士 ゴードンのようなカードですね。クランが違う同じ能力持ちが何枚かあります。

真理の騎士 ゴードン
グレード2/パワー8000/シールド5000
自:このユニットがインターセプトした時、あなたの《ロイヤルパラディン》のヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。


守りが固くなる一方で攻撃力が下がっているので相手も守りやすくなる可能性もあります。うまく8000のブーストをつけて16000で戦線を維持できるならかなりめんどくさい能力だと思います。



■各クランのトリガーの増加

そのトリガーがあるよ!ってことが大切です。
たとえば今回かげろうの《リザードランナー》が増えました。

リザードランナー ナフド
グレード0/パワー5000/シールド10000/スタンドトリガー



同じ効果ですでにスタンドトリガーのリザードソルジャー ガンルーがあります。

デッキに複数このカードを搭載する場合今後はこれらのカードを分けて積まれることになるでしょう。

なぜって?それはトリガーの配分を相手に悟らせないようにするためです。


今までは、リザードソルジャー ガンルーが4枚見えていればスタンドトリガーは
ないといえたわけですが、今度リザードランナー ナフドと2枚2枚で分けてデッキに入れた場合はどうなるでしょうか?

仮に公開情報で2枚づつ見えていたとしても3枚めがあるかもしれないですし、ないかもしれない。

結局相手はスタンドトリガーがあるという前提で戦わなければならないのです。


■このユニットをソウルに置く類

各クランで能力が分かれています。
かげろうなら相手を退却させるオラクルシンクタンクなら1枚カードをドローする、ロイヤルパラディンなら仲間のパワーを上昇させる、などなど

カウンターブラスト5とソウルブラスト8の起動条件が難しかったカードもこれらはトリガーなので無理なく投入できるでしょう。

能力を使ってしまうといなくなってしまうのでヴァンガードにおける呪文のようなものでしょうか?

これからこれと発動条件は同じで別々の能力がまだ出てくると思います。





そうそう、来月のケロケロエースにはヴァンガード第2弾「竜魂乱舞」のカードリストがすべて掲載されるようですよ。






■ケロケロA (エース) 2011年 07月号
↑「竜魂乱舞」のカードリスト掲載予定
スポンサーサイト

【Twitterでつぶやく】

|FC2 Blog Ranking | ヴァンガード | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://blackcat7777.blog117.fc2.com/tb.php/243-7bcc48f3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。